ゆとり世代児のじゆうちょう

社会人になってしまったゆとり世代児の日常です。

六花亭のおやつ屋さんを食べた~2018年1月~

 今月はこちら。

 f:id:namaikimasakari:20180107135738p:image

 イチゴだー! 

 

 パッケージがもう可愛すぎるでしょ!!!

f:id:namaikimasakari:20180107131521j:image

 

 表面で紹介しきれなかったプリンとシーフォームケーキの紹介。

f:id:namaikimasakari:20180107131529j:image

 

 OPEN!

f:id:namaikimasakari:20180107131537j:image

 

1.イチゴ大福

f:id:namaikimasakari:20180107131549j:image

 パッケージには「初めて作った」とあるが…いやもうこれ売りましょうよ。めっちゃおいしいですやん。

 こしあんなので、あんこの皮に邪魔されることなく(※わたしはこしあん派なので、あんこの皮を邪魔者扱いしがち)、求肥、あんこ、イチゴの異なる3つの触感を楽しめる。イチゴのみずみずしさが、あんこの控えめな甘さを際立てる。すばらしい。

 

2.シーフォームケーキ(ストロベリー)

f:id:namaikimasakari:20180107131552j:image

 カスタードとキャラメルは通常販売されているようだが、限定のイチゴ味。こちらも、クリームにしっかりイチゴの味がついていて、絶妙な甘酸っぱさ。外のケーキ部分はしっとりとふわふわの中間くらい。

 

3.いちごミルクプリン

 f:id:namaikimasakari:20180108082001j:image

 やわらかとろとろプリンに、ちょっと固めのいちごソースがかかっていて、上には生クリームといちご。見た目のバランスも味のバランスも完璧すぎて芸術。スーパーに売っているような甘味料でごまかした味ではなく、素材の味がしっかりしていたので、プリンという割には甘さ控えめかな?と思った。だがそこがいい。

 

4.六花の森ヨーグルト~苺ジャム添え~

f:id:namaikimasakari:20180108111140j:image

 六花の森ヨーグルトは通常商品なのだけれど、それに今回はイチゴジャムがついてくる!

 

 ヨーグルトをあけてジャムを入れたところ。

f:id:namaikimasakari:20180108111148j:image

 

  まぜたところ。

f:id:namaikimasakari:20180108111158j:image 

 ジャムということもあるが、テクスチャはかなり固いので、容器からきれいに出すのに苦労した。最後は牛乳入れて振って、いちごミルクにして飲んだ。

 食べてみての感想は、まずヨーグルトがうまい!高いヨーグルトってうまいんだ!なんていうの、まずなめらかで、ヨーグルトによくある尖った酸味は一切ない。まろやか。そしてそれにいちごジャムが合うんだ。ヨーグルトのまろやかな酸味が、いちごジャムの甘さを引き立てる。すばらしすぎる。

 

 語彙力がパーで申し訳ないが、全部の商品に一切の妥協がなく、素晴らしい詰め合わせだった。いちご大好きなので、隅から隅まで楽しめた。