ゆとり世代児のじゆうちょう

社会人になってしまったゆとり世代児の日常です。

イチゴ酒を飲んだ

二週間ほど前に飲み頃になっていたイチゴ酒。

翌日休みじゃないと酒飲んじゃいけないという自分ルールにがんじがらめになり飲む機会を逃していたが、今日こそまさにその時!

 

早速飲んでみるよ!

ちなみにイチゴ酒①(リカー220、いちご150、砂糖75)で。

 

1.ストレートで

とりあえずストレートで。

アルコールきっつ!

いちごの華やかな香りが鼻に抜けるが、それをかき消すアルコール分。

冷静に考えれば、リカーの度数が35度なので、そりゃきっついわ。

ちょっとこれは無理。

 

2.ソーダ割りで

ソーダがあるので割ってみよう。

f:id:namaikimasakari:20160810221934j:image

うん、うまい!

酒のえぐみはまだあるけれど、いちごの味するし香りもするし。

薄めると、色が少し茶色がかった赤になるな。薄める前は本当に美しいルビー色だった。

 

えぐみはもう少し寝かせればなんとかなるかな?

でも、瓶の淵にヘドロみたいなのがついていたので、この瓶は飲み切ってしまおう。

 

果実酒はやっぱうまいなー

 

 

【追記】

ソーダ割を飲み切った後でストレートを飲んだところ、なんの違和感もなく、むしろ濃いめでおいしいいちご酒じゃーん!となったのでそこに氷入れてロックで飲んでます。久しぶりの酒だったから舌がびびったのかもしれない。

 

f:id:namaikimasakari:20160810231517j:image

ロックだよ!全員集合!