ゆとり世代児のじゆうちょう

社会人になってしまったゆとり世代児の日常です。

梅酒・梅シロップを漬けた

 社会人になってから、趣味らしい趣味がなくなってしまった。

 元々ゲームだの漫画だのネットだのが好きで、あまり万人受けする趣味ではないなあとは思っていた。だからこそ学生時代にやっていた楽器を趣味と公言していたのだが、まったく練習ができていない状況。これを趣味というのは少し申し訳ない。

 そして、とうとうゲームもほとんどやらなくなってしまった。積みゲーはあれども、消化する気が起きない。漫画も読めていない。

 何か新しい趣味を見つけたい。できれば誰でも話せるような。そう言った気持ちを抱え数カ月、たどり着いた先はなぜか「果実酒とシロップを漬けよう」だった。

そして昨日(2016年5月28日)、梅を買ってきてさっそく作業した。

f:id:namaikimasakari:20160529185331j:plain

 1kg。すでにヘタをとり、水洗いを終えた状態。これの3分の1を梅シロップに、3分の2を梅酒に使います。

 

 

1.自家製梅酒のレシピ

 分量は色々調べ試行錯誤した結果、以下のとおり。

・梅(神奈川県産) 666g

・氷砂糖 333g ※梅の半分

ホワイトリカー 1200cc→瓶に入りきらなくて900ccほど。 

 

 梅と氷砂糖を交互に入れ、ホワイトリカーを注ぐだけ。瓶は2リットル容器(と思われる)を使用。

f:id:namaikimasakari:20160529191052j:plain

 逆光で申し訳ない。

 

 

 

2.自家製梅シロップのレシピ

 シロップは、このツイートを参考にした。

 

 周辺のツイートを拝見すると、他の果実でも手順、材料は同様とのこと(近い日付のツイートで甘夏シロップやトマトシロップを作ってらっしゃった)。色々なレシピがあったけれど、シンプルでわかりやすいので以下の分量で作った。

 

・梅(神奈川県産) 333g

・氷砂糖 366g ※梅の1.1倍

 

 これらを交互に瓶の中に入れ、放置するだけ。参考素のツイートでは上白糖を使用していたが、手元にあった氷砂糖で代用。以前にいちごシロップを作った際、上白糖だと下に沈んで大変だったので、それもあって今回は氷砂糖でチャレンジ。

 

 そして、一日後の様子がこちら。

f:id:namaikimasakari:20160529191237j:plain

 梅酒の梅の色がだいぶ変わってきている!

 梅シロップはあまり変わっていないように見えるが、氷砂糖の表面がテロテロしてきて、瓶の下に液体がたまってきている。そういえば、瓶に入るか入らないかギリギリだったのに、量が減ってきた。

 

 なんというか、社会人だと良くも悪くも毎日同じことの繰り返しというか、学生時代と比べ日々の変化がわかりづらいと感じていた。気が付いたら一日が終わり、一週間が過ぎ、月が変わり、季節が移っていく。それこそ子どもでもいればまた違うんだろうが、うちにいるのは両親と老犬のみ。何かが成長していくのを客観的に見られない環境なので、将来に向けての楽しみがほとんどなかった。

 

 しかし、果実酒を漬けると、「これを飲めるようになるまでは頑張ろう」という目標ができるため、少し人生が楽しくなる。部屋で一人で瓶を眺めてにやにやする様は、はたから見ると嘆かわしいかもしれないが、本人は非常に楽しい。 

 ということで、これから様々な果物が出てくる季節。少しずつレパートリーとストックを増やしながら、楽しんでいこう。

 

 この間漬けたイチゴ酒、いちごシロップについてはまた後日。